スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【コレ、お薦め!】 京都心霊トンネル/後編 清滝トンネルと、真下を向く謎の警告ミラー
 前編はこちら
 ■京都心霊トンネル/前編 花山トンネル

▲清滝トンネル(清滝側)

 花山トンネルの取材を終え、次に向かうは清滝トンネル。同じ京都市ではあるものの、嵐山から嵯峨野を過ぎたところにある清滝までは、深夜に車で向かっても40分ほどかかります。到着したのは午前1時ごろのことでした。

 それでは現地リポートの前に、清滝トンネルの歴史と、心霊スポットとしてのうわさを確認しておきましょう。花山トンネルよりもメジャーな心霊スポットのためか、たくさんのいわくがあるようです。清滝トンネルは、元は愛宕神社参詣のため戦前に敷設された愛宕鉄道の鉄道専用トンネルで、1929(昭和4)年に開通しました。鉄道は1944(昭和19)年に廃線となり、その後、路線跡は府道として利用され今に至ります。ちなみにトンネルを越えた清滝から愛宕山山頂まではケーブルカーも開通していました。現在もトンネルや橋脚の一部が残っており、当時をしのぶことが出来ます。
[【コレ、お薦め!】 京都心霊トンネル/後編 清滝トンネルと、真下を向く謎の警告ミラー]の続きを読む
スポンサーサイト
【コレ、お薦め!】京都心霊トンネル/前編 花山トンネル
▲花山トンネル入り口(山科側)

 今回の「コレ、お薦め!」のテーマは「ひんやり」。夏に「ひんやり」と言えば、かき氷やそうめんなどの食べ物が定番ですが、蒸し暑い夜に金をかけずに「ひんやり」するなら、昔から「怪談話」と「肝試し」と決まっています。というわけで、今回は京都市内で心霊スポットとして有名な二つのトンネル、東山区と山科区の境にある「花山トンネル」と右京区の「清滝トンネル」に行ってきました。
[【コレ、お薦め!】京都心霊トンネル/前編 花山トンネル]の続きを読む
【コレ、お薦め!】 幻のシンボルタワー 平安京にそびえた80メートル超の九重塔
▲国宝・東寺五重塔。高さ54.8メートルは木造建築としては日本一だ

 今回の「コレ、お薦め!」のテーマは「でかッ!」。というわけで、京都にそびえる高い建物を訪ねてみました。

 京都で高い建物と言えば、ほとんどの人が思い浮かべるのが東寺五重塔ではないでしょうか。京都に寄らずとも、新幹線で通過するだけで見えるそれは、まさしく京都のシンボルタワーと言うべき存在です。現在のものは1644(寛永21)年に徳川家光の寄進によって建てられた五代目で、高さ54.8メートルの塔は、木造建築としては日本一の高さを誇ります。境内に入って近くから眺めると、改めてその大きさと美しさに圧倒されてしまいます。
[【コレ、お薦め!】 幻のシンボルタワー 平安京にそびえた80メートル超の九重塔]の続きを読む

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

copyright © 2005 京洛主義 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。