FC2ブログ

【のれんをくぐって】 山中油店(3) 職人技で搾り出す絶妙な味わい
▲玉締めしぼり胡麻油・ビン大(450g・945円)と芳香落花生油・ビン大(460g・1890円)
 前回まで、建築・工芸用油と町家の関係について紹介してきた。しかし、現代において"油"と言えば、やはり食用油のイメージが強い。山中油店でも、一番売れているのは食用油だ。

「油の製法には、圧搾法と抽出法があります。圧搾法は文字通り、原料となるコーンや菜種を、圧力を使って搾りだす方法で、一方抽出法は溶剤によって原料から油分を科学的に取り出す方法です。近年は健康を気にされるお客様が増え、溶剤を使わない、圧搾法で絞られた油をわざわざ探して弊店までこられます。天ぷらを揚げても、揚がり方や食感、香りが違います。『山中さんの油を一度使ったら、他の油が使えなくなった』という大変嬉しい声をよくお聞きします」

 このように油にこだわる人が年々増えてきたおかげで、インターネットの通販を通じて全国から注文が舞い込んでいるそうだ。
[【のれんをくぐって】 山中油店(3) 職人技で搾り出す絶妙な味わい]の続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

copyright © 2005 京洛主義 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.