FC2ブログ

【のれんをくぐって】 山中油店(1) 新しいことへの興味と挑戦が、創業200年の歴史と伝統に
 長い歴史と豊かな文化を誇る京都には、それを支えた店がある。京都に暮らす人々の生活に密着し、なくてはならない存在となったそれらは、やがて“老舗”と呼ばれるようになり、店そのものが京都の伝統と文化を表すものとなった。しかし、その伝統と文化が逆に敷居の高さとなり、最近京都に住むようになった者には馴染みの薄い存在にもなっている。この連載では、そんな敷居の高さを感じさせない、誰でも気軽にのれんをくぐれる、そんな“老舗”の素顔に迫ってみる。


 ◇老舗は新し物好き

▲安政2(1855)年に建てられた山中油店店舗

 京都市上京区下立売通智恵光院。このあたりは794年の平安建都当時に内裏があった場所である。内裏は火災や戦乱の影響でたびたび場所を移した後、南北朝期に現在の京都御所の場所へと落ち着いたが、平安宮内裏内郭回廊跡に、全盛時の面影をしのぶことができる。それと同時に、近年その数を減らす一方の京都らしい町家の風景も、この近辺では十分に見ることが可能だ。1200年前の都の跡地と、その上に出来た京都らしい町並み。今も我々の心を癒してくれる場所である。

 そんな町並みの一画、下立売通に面して店を構えるのが、文政年間(1818~1829)創業の老舗「山中油店」だ。べんがら格子に瓦葺の屋根、「食用油」とだけ記された看板。その外観は目立つものではないが、存在感は通るものを振り返させる。店先には「胡麻油」や「なたね油」といったお馴染みの食用油のほか、建築・工芸用の「亜麻仁油」や「荏油」など、様々な油が並べられていて壮観だ。
[【のれんをくぐって】 山中油店(1) 新しいことへの興味と挑戦が、創業200年の歴史と伝統に]の続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

copyright © 2005 京洛主義 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.